髪にいい食べ物といえばワカメのウソとホント

ワカメは髪にいいのウソとホント

ワカメをたくさん食べると、髪の毛が増えるとか

ワカメを食べると、髪の毛が早く伸びるとか、髪の毛がサラサラになるとか
聞いたことありませんか?

 

わかめに限らず、昆布とか、海藻類って、髪にいい食べ物とされています。
それは、どうしてなんでしょうか?

 

髪の毛を作るときには、いろいろな酵素が働くんです。
その時、鉄や胴、亜鉛などのミネラルがないと酵素が働かないんです。

 

このミネラルが豊富に含まれているのが、海藻なんです。

 

では、ワカメや昆布などの海藻類をたくさん食べれば、髪はフサフサになるのでしょうか?

 

答えは、NOなんです。

 

海藻類をたくさん食べると、髪の毛が生えてくる、発毛効果が得られるというのは
医学的には、根拠が無いんです。

 

海藻類は、各種ミネラル、食物繊維を多く含んでいるので
健康を保つために、必要な食べ物なんです。

 

ただ、髪の毛の主成分はタンパク質です。
髪の毛が、どんなものでできているのかを調べてみると、
爪と同じケラチンというものがあり、それを作るのにアミノ酸が必要なんです。

 

つまり、海藻類と、納豆、豆腐、鶏肉、サバ、鮭などのタンパク質を食べることが
必要なんです。

 

 

 

海藻類に含まれるヨードと亜鉛は髪の毛の成長に大活躍!

ワカメ、ひじき、昆布などの海藻類にはヨードが含まれています。

 

ヨードを含んだ食品は、甲状腺の働きを促して、
髪の毛の発育をよくすると言われています。

 

食べ方のポイントは、タンパク質と一緒に摂ることです。
肉や魚料理の付け合せとして食べると育毛効果が期待できますよ。

 

次に、牡蠣、いわし、ごま、ひじき、わかめ、昆布などの海藻類に
含まれている亜鉛に注目しましょう。

 

亜鉛は、髪の毛の成長に必要なミネラルなんです。
これが不足してしまうと、髪の成長が悪くなり、
抜け毛の原因にもなります。

 

いずれにしても、バランスの良い食事を心がけることですね♪

 

 

 

髪にいい食べ物は納豆とナッツ類等などへ

髪にいい食べ物といえばワカメのウソとホント関連ページ

髪にいい食べ物は納豆とナッツ類等など
分け目が薄い女性が気をつけることの一つは食事ですね。納豆やナッツ類、レバーやみかんなどの食品の働きを解説します。
育毛にはイソフラボンとカプサイシンが良い?
育毛に、イソフラボンとカプサイシンが良いようです。 それは、毛母細胞を活発にする物質を増やす効果があるようです。