髪にいい食べ物は納豆とナッツ類等など

髪にいい食べ物は納豆にナッツ類やミカンなどなど

わかめだけを食べれば、髪にいいわけではなかったですね。

 

髪の約90%は、タンパク質からできています。
ということは、食事でタンパク質を摂って補わないと
髪のもととなる原料がたりなくなってしまいます。

 

そこで、オススメの食べ物は、納豆なんです。

 

安くて手軽に食べられますよね。

 

納豆の原料である大豆には、イソフラボンという物質が
含まれます。
イソフラボンは、男性ホルモンのテストステロンという物質の分泌を
抑制してくれます。

 

男性ホルモンは、女性でも作られているんですよ。
男性ホルモンが、髪の量に関係してくるんですね。
納豆などの大豆製品に含まれるイソフラボンを摂ることで
若ハゲの予防の効果が期待できるんです。

 

納豆は、更年期の不調にも効果が期待できるし、
血圧の上昇を抑えてくれたり、お腹の調子を整えてくれたり、
健康全般にとてもいい食べ物ですね。

 

次にオススメなのは、ナッツ類です。

 

亜鉛は、髪の毛の成長に必要なミネラルでしたね。

 

実は、アーモンドには亜鉛が豊富に含まれているんです。
アーモンドを摂ることで、食事で摂ったタンパク質を「髪の毛」に
変えてくれます。
亜鉛が不足すると、抜け毛、白髪、ダメージヘアなどの症状があらわれます。

 

もう一つ、ピーナッツも髪にいいんです。
ピーナッツは、毛母細胞を活発にするんです。
毛母細胞が活発に働くと、髪が上へ上へと伸びていきます。

 

くるみ、アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類は、1日に1回、
手のひらに乗る程度食べると、体にいいんですよ。

 

ミカンなどの柑橘類は血管を広げる働きがあります。

 

冬の寒い時期に、こたつに入ってみかんを食べるというのが
定番中の定番という方が多いと思います。

 

実は、みかんは、血管を広げる働きがあるんですね。
すると、栄養がスムーズに届きやすくなるんです。

 

頭皮の血管の流れがスムーズに行かないと、髪に栄養が
届かなくなって、髪が成長しなくなります。

 

寒い時期は、運動不足にもなるので、血の巡りが悪くなって
しまいがちですよね。

 

そんな時に、こたつに入って、下半身を温めながら、血管を広げる働きのある
みかんを食べるというのは、先人の知恵ですね。

 

また、みかんは、5αリダクターゼという薄毛の大敵を、抑制する
働きがあるんです。

 

みかんが嫌いという方は、あまりいないと思いますが、皮をむくのがめんどうとか、
白い筋みたいなものが気になるという方も、みかんを食べてくださいね。

 

レバーは抜け毛の救世主です。

 

レバーには、髪に必要な栄養素のほとんどが含まれています。
鉄分、亜鉛、ビタミンA、ビタミンB2・B6、その他のB群などなどなんです。

 

そして、活性酸素を除去し、皮脂の酸化を防止することで、
進んでしまった抜け毛の抑制の効果が期待できるんですよ。

 

 

 

髪にいい食べ物は納豆とナッツ類等など関連ページ

髪にいい食べ物といえばワカメのウソとホント
昔から、髪にいい食べ物としてわかめに代表される海藻類が挙げられます。本当であり、嘘でもあるんです。調べてみました。
育毛にはイソフラボンとカプサイシンが良い?
育毛に、イソフラボンとカプサイシンが良いようです。 それは、毛母細胞を活発にする物質を増やす効果があるようです。