市販のシャンプーは分け目が薄い女性に大敵

市販のシャンプーが分け目が薄いアラフォー女性やアラフィフ女性に大敵なわけ

市販のシャンプーには、石油系合成界面活性剤という
とても危険な成分が配合されていることが多いんです!

 

皆さんは、市販のシャンプーを使っていますか?

 

おそらく多くの方が市販のシャンプーを使っていることと思います。
私も、抜け毛が気になる前までは、市販のリンスインシャンプーを使っていました。

 

それで、特に髪と頭皮にトラブルがなかったんですよ。
ところが、抜け毛が多くなった理由は一つではないにせよ、
アミノ酸系の馬油シャンプーに変えた途端、激減したんですよぉ、抜け毛が!

 

以前使っていた市販のシャンプーは、硫酸系(洗浄力が強い)で
石油系合成界面活性剤が配合されていたんです。

 

石油系合成界面活性剤配合のシャンプーは、石油系シャンプーと呼ばれています。

 

石油系界面活性剤は、とても危険とされています。

 

その理由は、タンパク質を壊す危険性があることなんです。
皮膚にこの合成界面活性材を塗っておくと、
肌荒れ、湿疹、かぶれなどの皮膚トラブルを起こすんですね。

 

また、浸透性がとても高く、人間の皮膚膜を破り、
体内まで浸透してしまうこともあります。

 

その結果、血液中にも入り込んで、体内に蓄積すると、
肝臓障害などを引き起こしてしまいます。

 

なぜ、こんな危険なものが
市販の手に入りやすいシャンプーに
配合されているんでしょうか?

 

コストが安いというのが一番なんでしょうね。
それと、私だって30数年使い続けて、頭皮トラブルや、
髪の毛の異常、健康被害などには遭遇しませんでしたからね。

 

いつぞやの、泡がモコモコの洗顔石鹸の被害のようなものだと思います。
被害に遭う方が、相当少ないからなんでしょうね。

 

でも、洗浄力の強い合成界面活性剤入りのシャンプーは、
アラフォー過ぎの女性には大敵なんです。
必要な皮脂まで取り除いてしまいからなんですね。

 

皮脂というのは、頭皮を守る働きがありますから、
取り除き過ぎは、かえって頭皮トラブルのもとになります。

 

頭皮が、髪の毛を健康に保つ状態でなければ、髪がやせ細っていったり、
抜け毛が多くなったりして、分け目が薄いかっぱ頭の女性になってしまいますね。

 

そして、市販の石油系合成界面活性剤入りのシャンプーを使った排水は、
頭皮だけではなく、自然も破壊するんです。

 

分け目が薄いと気づいたら
使うシャンプーを抜け毛が予防できるシャンプーに変えましょうね。

 

アミノ酸系シャンプーならなんでもいいワケじゃないへ

 

 

私が使って抜け毛が減った
女性用抜け毛予防シャンプーの選び方へ