NHK あさイチ 女性の薄毛対策と最新育毛治療まとめ

有働アナもつい力が入る女性の薄毛対策と最新育毛治療

2015年9月30日(水)のNKH朝の情報番組『あさイチ』で

【女性の薄毛】を特集していました。

 

あさイチのアンケートでは、薄毛に対しての不安があると
答えた女性は71%にもなったとか。

 

管理人自身も、更年期を境に薄毛が進んでいます。

 

とてもいい放送内容だったのでまとめました。

薄毛になる原因と抜け毛の1日の量の目安は

「あさイチ」に登場したのは43歳の主婦でした。

 

3年前に出産してから今まで、抜け毛がすごいという
なやみを抱えていました。

 

2日に1回するシャンプーでは、排水口が
埋まってしまうほどの抜け毛がごっそり!

 

そうなると、床に落ちている抜け毛も気になって
仕方ないとのことです。

 

そこで、あさイチでは、抜けた毛が何本か調査したところ
143本だったんです。

 

順天堂大学皮膚科医の植木理恵さんがおっしゃるには、

 

髪の毛は1日100本抜けるのが正常

 

とのことでした。

 

抜け毛の量は平均なのに、髪の毛が薄くなているように
感じるのはなぜでしょうか?

 

 

 

●薄毛になる原因

 

@加齢
A男性ホルモンの影響
B栄養の偏り
C睡眠不足
D不適切なケア


 

この5つが主な原因になります。
管理人場合は、これに遺伝による薄毛体質が
加わるんですね。

シャンプーの選び方と正しい髪の洗い方

シャンプーには、必ず成分表が記載されていますよね。

でも、どの成分がどんな作用をしているのか
よくわからないですよね。

 

ですが、成分は、自分にあったシャンプー探しに
とても大切なんです。

 

成分を見て、頭皮の状態に合ったシャンプーを
決めるのが重要なんですよ。

 

頭皮がオイリー肌の人は、高級アルコール系である
「ラウリル酸」「ラウレス酸」などの成分が入った
タイプを選びます。

 

頭皮が乾燥肌の人は、アミノ酸系である「ココイル〜」
「コミカド〜」などの成分が入ったタイプを選びます。

 

頭皮の状態は、自分の顔の肌の状態から判断すると
いいですよ。

 

ちなみに、混合タイプの方は、マイルドなものを
選ぶといいですよ。

 

40代以降は、よほどのオイリー肌ではない限り
油分をとりすぎないアミノ酸系を選ぶことをオススメします。

薄毛にならないための正しいシャンプーの仕方

こちらに関しては、当サイトで詳しく説明しています。

 

ですが、あさイチで取り上げた内容を簡単にまとめます。

 

@シャンプーの前に髪と頭皮をブラッシングする
A髪全体にしっかりとシャワーをあてよく流す
Bシャンプーを500円玉の大きさに出しよく泡立ててから髪を洗う
C洗い流すときは泡が残らないように

洗った髪はドライヤーでしっかりと乾かす

こちらも、当サイトでしっかりと説明してありますね。

 

やはり、あさイチの内容を簡単にまとめます。

 

@髪よりも頭皮を乾かすことを優先する
Aドライヤーは15センチ以上離してあてる
B特に、後頭部は乾かすことを疎かにすることが多いので、意識して乾かすようにする

 

タオルで、ゴシゴシと髪の毛を拭くと紙にダメージを
与えてしまうので、やさしく拭くようにしましょう。

 

普通のタオルより、速乾性のタオルを使うと水分を
しっかりと吸ってくれますよ。

 

100円ショップでも売っていますよ。
管理人も、重宝しています。

育毛剤と頭皮マッサージは効果があるのか?

マッサージは、頭の血流をよくするのにいい方法

ですが、強すぎるのはNGです。
優しくすることがポイントです。

 

ですから、チカラ加減がわからないうちは、
器具などを使うよりは、自分の指の強さで
調節しながら行う方がいいですよ。

 

 

育毛剤は、血流をよくするということを一番の
目的に製造されているんですね。

 

上記のような薄毛対策をした上で、育毛剤を
利用すると、効果が期待できるんだそうです。

 

 

厚労省に認められた薄毛対策の成分はミノキシジルだけ

ミノキシジルが含まれていいる製品は「リアップ」

というものがあります。

 

「ミノキシジル」は、血流を良くしてくれるという
成分なんですね。

 

薄毛と血流は、深い関係にあるんですね。

 

順天堂大学の植木先生も血流が大事だとおっしゃていました。

 

「リアップ」を使っても、ずべての人が、効果を得られる
わけではないんですね。

 

植木先生曰く「育毛剤を使っても、個人差があるので
合う合わないは使い方次第」とのこと。

 

厚労省に認められているからと言っても、ミノキシジルは
血流を促してくれる成分ですよね。

 

しかも、ごく稀に副作用が出る人がいるんですね。

 

睡眠不足だったり、栄養が偏っていたり、髪の毛の
ケアを怠ったりしては使う意味がないんですね。

 

 

血流をよくして、髪へ栄養をきちんと運んでいれば
薄毛対策のひとつになるんですね。

 

 

また、育毛剤は、3〜4ヶ月使ってみないと、
効果が期待できるかどうか、わからないんですね。

 

最初に使ってみて、かゆみやフケが出ないようであれば
継続して使ってみることがおすすめです。

 

最近の育毛剤は、男性用と同じくらい女性用も豊富です。

 

薄毛対策に育毛剤も取り入れてみるのもひとつの
方法ですね。

髪に有効な食べ物

髪に有効とされる食べ物といえば海藻類を

思い浮かべますね。

 

海藻類は、髪を作るのに有効なミネラルが豊富なので
良いのですが、合わせて良質なたんぱく質を
摂ることも大事なんですよ。

 

赤身の肉や大豆製品などの良質なたんぱく質に加え
亜鉛や鉄分等を含むヒジキ・牡蠣・レバー等を
食べるといいんですよ。

 

栄養が偏ってしまうのは、身体に良くないのですから
髪にもよく合いんですよ。